元気がなさそうで心配

15 (2)

亭主との顔合わせは、友人の問いでした。

亭主の見た目は私のタイプで、話し方もとても静寂でこうした個人って付き合えたら至福だろうなと思っていました。

ただし、一目惚れを通してしまったわたくしは亭主の先で緊張してしまい賢く話すことが出来ず、その日はお開きになりました。

帰宅してからあの年月ああしておけば良かった、そうしておけば良かったといった自責ばっかりしていました。

但し、数日直後再度話しをしてみたいという亭主が言ってくれているという事で更に出会う案件になりました。

二度目に会った時は、静寂できめ細かい形勢の亭主の隣席に居て私もリラックスする事が出来て前回よりもおかしいスパンが過ごせました。

亭主と共にいると懸念もやるけれど、その反面とっても落ち着いて素の自分で居られる案件に気が付きました。

電話を交換し、次は二人で美味しいものを食べに行きませんか?という亭主が誘ってくれました。

私達は食物の趣味が心から似ていたので、お店選定もとても楽しかったですし、カップルともお酒が好きだったので、互いお勧めのお店をめぐってみたりって何度か食物に行きました。

亭主って過ごせば暮らすほど、亭主に惹かれて赴き、気付くと亭主の事が隠れ家になっていました。

穏やかな亭主から私の事をどうして思っているかを受け取るのは辛く、聞いてみたいけれど今の起因が崩れてしまうのが怖くて訊く事が出来ません。

五度目くらいの食物の直後、亭主の口数が少なく元気がなさそうで心配になりました。

どうしたのかと尋ねると、お付き合いをして欲しいと公表を通してくれました。

寡言だったのはどのタイミングで言おうかと考えていてくれたからで、著しく緊張していたとの事でした。

わたくしは、初めから亭主に惹かれていたので二つ返事で容認し、お付き合いが始まりました。

亭主がわたくしに公表を通してくれた道理がわたくしが亭主に対して思っている案件と同じで、一緒にいると懸念もするけれど、落ち着くについてだったのでグングンびっくりしました。

お付き合いを続けていって思ったことは、居心地がかわいらしく、辛抱をするラクラク、常に一緒にいられたら良いなという事です。

亭主も同じ事を思ってくれたようで、付き合い始めて半年でプロポーズをしてくれて婚姻する事になりました。

こちら