亭主はテレフォンをチェンジ

94

今日から20時代周囲前の状況。タブレットが一般に配送し始めた程度の時期だ。

当時付き合っていた亭主も、私もタブレットを持っていました。そのあたりはメルアドも先ほどは便利ではなかったし、カギをかけるということもありませんでした。

部屋に来ていた亭主が爆睡していたケース、ちょっと気になってスマホを陰ながら見てしまったことがあります。

メルアドなどを見たわけではなく、なんとなく電話帳を見て頂けだったんですが…ものすごく落胆なことに気付いてしまいました。

誠に、私の名前が、苗字だけで登録されていたんです。

付き合って掛かる彼の名前が、苗字二字って、何やら寂しすぎて…下の名前なら判るのですが…。

日頃からそれほど仲良しというわけでもなかったとはいえ、さすがにそれはカサカサすぎて落胆でした。

とは言え、それを見たに関してにもいきません。陰ながら見たのがバレたら、それはそれで不都合になってしまいます。

元来そのことを言えないとおり年月日が過ぎ、その亭主といったそのまま結婚したんです。

結婚して苗字は一緒になりました。ややはタブレットの書き込みニックネームの状況なんて全く忘れていたのですが、ある日ふと、そのことを思い起こしたんです。結婚もしたことだし、さすがに直しているのではないかと思ったのですが、亭主はいまひとつマメなタイプではありません。

一向に気になったので、なんとなく思いついたふりを通じて、「私の状況、携帯になんて登録しているの?」と聞いてみたんです。

そうすると亭主はスマホを見せてくれたんですが、誠に苗字のままでした。更に苗字が一緒なのに…。

さすがにそれは厳しい、って申し立てしました。

その結果、亭主はテレフォンをチェンジ。

現在は、下の名前で登録されてある。コソコソ見たのは反省していますが、まさか苦しいな、としてしまいました。

http://www.scrantonrtg.com/