月経になると思うと、精神的に不安

9

自分が低キャパシティピルを呑み始めたトリガーは、月経痛が悪いことから治療の目的で呑み始めました。

学生の時から月経痛が極めてきびしく、講習中に痛みから貧血になり、倒れることも色々ありました

そのため毎月のように、月経痛につき病棟通いを通じていました。

お越しを通しても、最も内膜症もなく、何か腫瘍があるわけでもなくいたって健康な子宮といわれこれ程ひどい月経痛の原因は何かわかりませんでした。

10代の頃は、漢方薬を作り方されて試してみたり、子宮の動きを緩和するような薬を試してみたり、ホルモン剤を飲んで努めたりもしました。

ただてんで月経痛が解消されることはなく、ただただ月経になると痛みクライマックスを服用して寝込む毎日でした。

痛みクライマックスの飲用にしすぎで、胃に炎症を起こしてしまったこともありました。

そのうちに、月経になると思うと、精神的に不安になったり、動揺するようになり、一時期は精神安定剤を服用していたこともあります。

学園も月経になると休んだりしないと、無理なシーンでした。

痛みが悪く失神してしまい至急自動車で運ばれたことも何度もありました。

そういう日々のなかで、20年齢をむかえ医者から、ピル治療があることを聞きました。月経痛の相殺や調整のかさを抑えられたり、月経不順にもいいと聞きました。

月経痛を無くするのにはこれしかないと見なし、20年齢からのみはじめました。

ピルも自分に合う合わないがあるようで、吐き気や頭痛がする品もあり、私の場合は3ランキング試して、自分に合うものを見つけました。

ピルを飲むと、今までの月経痛が戯言かのように、月経痛がなくなりました。ただ時おり痛みクライマックスを飲み込むことはありますが、我慢できる近くだ。

ほんとに感激しました。

ただ、血栓症や発がん性があるので、月血診断をしたり、子宮がん検診や乳がん検診も通年に1たびことごとくしています。

長々不安はありますが、生涯できないほどの月経痛だったので、ピルにすがるしかありません。

1たびピルを閉め、おめでたし分娩を積み増しました。

とことん分娩をすると月経痛がよくなると聞きました。

それで産後月経が来た時に、月経痛がなくなっているのではないかといった要望しました。もダメでした。

おめでた前とおんなじ痛みに襲われ、養育どころではなくなった結果、また医者に示談し、ピルを処方される毎日になりました。

産婦人科で内診を受けますが、取り敢えず内膜症なども無く綺麗な子宮とのこと、いまだに私の月経痛の原因がわかっていません。

ただピルにより改善されてことは確かです。

最近はアフターピルを通販で購入して備えています。

おすすめのアイピルの通販はこちら!