国家試験で意思が遠くなりそうになりながら勉強

臨床診察技師の国々免許を取得するための専属学院に通っていました。

三世代に進級すると、普通の訓練と並行して国々国家試験方策が始まりました。

一斉学校中で受けているはずなのに、本当に往時問い合わせを見てもちっとも覚えていない…身についていないことを痛感させられました。

しかも国家試験枠は多く、意思が遠くなりそうでした。

学院では一先ず国家試験方策はできるものの、学院サイドもトライアンドエラーでした。

往時問い合わせをみんな端末で書き込むみたい講習され(どういう欠点が出ているか把握する結果、に関してでしたが)、それって意味あるの?としてしまいました。

元来、学院では具体的な教育法は教えてくれなかったので、自分で引き上げるしかありませんでした。

本当に、思ったのが「ヒントをまとめたものが欲しい」に関してでした。

学院ではプリントなどを配布してくれますが、国家試験にはでないようなことまで書かれていることが多かったので、だとすれば自分でまとめようといった意欲しました。

ルーズリーフを用意し、上に往時問い合わせを写したものを貼り付け、下にヒントをまとめていきました。

時間はかかりましたが、まとめる手続は好きなのでやっぱし最後まで打ち込むことができました。

国家試験直前になると、学院での方策もついに本格的になり、そのときに聞いた用事をまとめたメモ用紙に付け足していきました。

布石はいまや作ってあったので、駆け込み期は足りない近辺を打ち込む、得ることに傾注できたのでよかったです。

こういう教育法でいいのかという不安もありましたが、だんだんと模試も安定した記録を取れるようになり、自負がついていきました。

国々国家試験という重圧はかなり重かったですが、無事にのぼり超えられたことは良い経験となりました。

スマートドラッグが最強!